「ジブリパーク」2022年秋開業へ

「ジブリパーク」2022年秋開業へ

スタジオジブリのテーマパークが愛知県の長久手市にある「愛・地球博記念公園」をリニューアルして2022年秋オープン予定。

「ハウルの動く城」「耳をすませば」「もののけ姫」「魔女の宅急便」などに登場する建物や店、家などをテーマ別に5エリアに分けて整備されるそうです。

① 青春の丘エリア
② ジブリの大倉庫エリア
③ どんどこ森エリア
④ もののけの里エリア
⑤ 魔女の谷エリア

2022年秋に「青春の丘エリア」「ジブリの大倉庫エリア」「どんどこ森エリア」が開業し、その後2023年に「もののけの里エリア」と「魔女の谷エリア」が開業する予定となっています。

スタジオジブリといえば『天空の城ラピュタ』と『風の谷のナウシカ』は外せませんが、今のところこれらについては特に何も情報がありません。

① 青春の丘エリア

来園者を迎えるメインゲートには映画『ハウルの動く城』をイメージした19世紀末の空想科学的要素を取り入れたエレベーター棟、映画『耳をすませば』をイメージした地球屋が再現されます。
地球屋では天沢聖司君の弾くヴァイオリンが聴けるのかもしれませんね。


地球屋


地球屋設計図一部


地球屋設計図一部(反対側)

②ジブリの大倉庫

映画にまつわる展示品を見ることができ、子どもの遊び場やシアター、展示室もできる予定です。売店やカフェなどもここにできるそうです。


大倉庫イメージ


ジブリの大倉庫設計図一部

③ どんどこ森エリア

映画『となりのトトロ』のサツキとメイの家が再現されます。
サツキとメイの家はやはり2階はまっくろくろすけが出そうなほど真っ暗にされているんでしょうか。
『どんどこ』という名前は映画の中でトトロが傘を上下させて行う『どんどこ踊り』からきているそうです。


サツキとメイの家

④ もののけの里エリア

映画『もののけ姫』のタタラ場が再現されます。
「タタリ神」や「乙事主(おっことぬし)」のオブジェも配置されるそうです。
験学習施設や休憩処ができるそうですがたたらを踏む体験ができるんでしょうか。それともアシタカの弓矢?いずれにしても楽しそうですね。


タタラ場設計図一部

⑤ 魔女の谷エリア

映画『ハウルの動く城』のハウルの城や、映画『魔女の宅急便』のキキの実家であるオノキ低が再現されます。
遊戯施設やレストランなどもできるそうです。


魔女の谷エリア設計図一部

(画像は大村秀章知事のtwitterより)