革の種類と特徴

牛革

腹仔(はらこ) 産前の仔牛です。
とても美しく毛並みが特徴です。
カーフスキン 生後6ヶ月以内の仔牛の革。
最も高級で、見た目も非常に美しく、薄くて軽く、キメが細かいのが特徴です。仔牛のため、サイズが小さくあまり大きな物を作ることは出来ません。
キップスキン 生後6ヶ月から2年までの革。
カーフよりもややキメが粗くなりますが、厚みが増し、丈夫になります。カーフについで上質の素材です。現在ヨーロッパから輸入されているバッグは、この革のものが主流です。
カウハイド 生後2年以上の出産経験のある牝の成牛の革。
キップに比べてキメは粗くなりますが、他の成牛より細かいとされています。比較的傷が少ないという特徴を持っています。
ステアハイド 生後3~6ヶ月の間に去勢し、生後2年以上経った牡牛の革。
非常に厚く強い革ですが、去勢しているため優しい手触りになっています。非常に大きいため、鞄やベルト、車のシートなど幅広く使用されます。
ブルハイド 生後3年以上の牡牛の革。
傷が多く、キメは粗くなりますが、最も厚くて非常に丈夫です。傷が目立たないよう、型押しやベロアなど、一度加工して使用されることが多いです。

豚革

ピッグスキン 人間の肌に最も近いと言われており、きめが細かく、毛穴が3つずつ並んでいるという特徴があります。

羊革

ヘアーシープ 軽くて柔らかいのが特徴。ウールシープに比べやや強度に優れており、良質とされています。
ウールシープ 軽くて柔らかいのが特徴。ヘアーシープに比べるとやや強度が劣ります。
ラムスキン 子羊の革で、とても柔らかく軽いのが特徴です。

ダチョウ革

オーストリッチ クイルマークと呼ばれる羽を抜いた後の突起があることが特徴です。非常に丈夫で、様々なブランドで使用されています。

ワニ革

クロコダイル 独特の美しいうろこが特徴の最高級の革です。腹部の四角形のものが最も美しいとされており、その次に、横腹の丸いうろこの部分が美しいといわれています。丈夫で耐久性にも優れています。